スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ubisoft「業界全体が60fpsから手を引きつつある」

ubisoft「業界全体が60fpsから手を引きつつある」

とのことですが・・・これに真っ向から対立しているのがこちら

Naughty Dog「PS4では全てのタイトルで1080p、60fpsを目指す」

時系列的にはNaughty Dogの記事の方が先です。

個人的には60fpsのものが僕は好きだし、メーカーがそれを目指していると言われたらワクワクします。
というのもアクション性の高い物が好きだからです。キャラクターそのものがきびきびと動くことは
様々なプレイで爽快感を増幅させていると思っています。
アクション・レース・格闘などのジャンルは60fps必須と言ってもいいジャンルです。

その一方ですべてのゲームにおいて最優先課題だと思ってるわけでもありません。
広大なステージに大量の敵やオブジェクトが存在していることが魅力のゲームだってありますし
リアルタイムの物理演算でステージの様々な物が壊れたりすることを
ゲーム性につなげているものもあったりします。
フレームレートは解像度やパッと見のグラフィックのリッチさとギブアンドテイクという感じです。
そういう魅力をつぶしてまで60fpsにしなくてもいいというのはもちろんです。

とはいえこういう場合であっても、「60fpsにできるのならばした方がよい」と思っています。
ですので、僕はNaughty Dogの主張の方が同意できます。
それに僕は何より彼らの作品で「60fpsの効果」を目の当たりにしている。
ラストオブアスのPS4版へのリマスターでです。30fpsモードもありましたが、試しにやってみて
ちょっと触っただけですぐ「ダメだこりゃ」と思ってまた60fpsに戻し、ずっとそのままです。

ubisoftの主張からは「仮に60fpsにする余裕があってもあえて30fpsを選んだほうがよいこともある」と
言っているように見受けられますが・・・全く同意できません。
技術的なバランスを考えて30fpsを選ぶことはあっても、フレームレート単体で考えて
30fpsの方がよいこともあるというのは・・・うーん。
現場で散々比較してきたであろう人がその経験から出した答えとしてこう思ったんでしょうけど。
いまいちわかりません。

「アクション・アドベンチャー」における「より映画的な表現のために」30fpsのほうがよいとのことですが
そのどちらにも当てはまるラストオブアスはやはり60fpsにしたことは良い効果をもたらしていると思います。

ubisoftは「アサシンクリードユニティ」において「無駄な争いを避けるため」として解像度を
PS4/ONEともに900pにすると発表し物議を醸していたところにさらにこれっていう。
ヒステリー的に高い水準を目指すゲーマーたちに「実際遊んじまえばわかんねぇから」という
意味合いを込めて、無駄な部分に労力をやたら求めるのを止める意図があるのかもしれませんが・・・
この話題にさらに他社が独自の意見などを出したりしだすと面白いことになるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

secondwave99

Author:secondwave99
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。