スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクエニ 日本版MW3におけるCoD ELITEの対応を断念


非常に残念なニュースですね。
とはいえ、今更日本で始めたところで何人加入すんだよって気もします。
2月か3月くらいで有料会員が全世界150万人とかでしたよね。
単純に売り上げの1割程度と考えても、日本だと2~3万人くらい?実際はそれ以下でしょう。
そんな状態でスクエニも「万全のサポートを」と言われても困るでしょうね。

しかしながら、エリートありきのゲーム内容やDLC配信スケジュールを取っている以上は
ユーザー側も「対応しません」と言われて「はいそうですか」とはいきません。
戦績画面に関して言えばMW3はBOよりも大幅に退化したと言えますし
DLC配信もコレクション版の発売が例年のDLCよりも1か月ほど遅くなってしまっています。
熱心なファンであるほど、CoDエリートに対応しないことはマイナスです。

希望の光があるとすれば「MW3については対応しない」との発表であることと
今年のCoD新作の発売時にエリートも2.0に大幅アップデートされることから
次のCoD発売時に対応する、という可能性。
今回も時間かけすぎて完全に機会を失った・・・ということじゃないですかね。
次のCoDでも対応しなかったらちょっと考え物ではある。
スポンサーサイト

昨年のC’monツアーが映像化


LIVE DVD & Blu-ray「B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-」2012年5月30日リリース決定!!

まさに待望の映像化ですね。
演出等不満の声が聞こえなくもなかったツアーでしたが
いつもとは違う思いを胸に秘めながら参加した人も多かったツアーだと思います。

俺自身初めて参加したLIVE-GYMでしたから、映像化はうれしいですね。
ちなみに感想の記事でも書きましたが、俺は「最前列の端っこ」でした。
10席くらい隣はSS席という場所です。
正直言って演出見にくかったので、そういう意味でも映像化はありがたい。

しかも俺はわからないんですけど、見る人が見たら「これ京セラドームっぽい」と言われてるようです。
もし京セラドーム公演のうち、俺が参加した3日目が収録されるならものすごくうれしいところ。
前回のように「at TOKYO DOME」とかがないので、モンスターのときのようにごちゃまぜかもしれませんが。

マジックのツアーは千秋楽の日?かなんかに発売決定の発表があったのに対して
こちらは発表もないままニューシングルもでちゃったり「これはなさそうだ」と言われていたところでしたので
ファンの期待に応え発売することにしたのか、単にシングルのDVDとの兼ね合いだったのかわかりませんが。
まあひとまずファンクラブだけの公開というあたり、前者の意図だったと思いたいですけどね。



NINJA GAIDEN 3


コーエーテクモゲームスより発売のアクションゲーム、「NINJA GAIDEN 3」です
これまでNINJA GAIDENシリーズやDEAD OR ALIVEシリーズなどを手掛けた
team NINJA(テクモ内の開発部署の名前?)の代表であった板垣伴信氏など主要メンバーが
テクモを退社、残ったメンバーや新たなメンバーを加えての再出発となる本作です。

・・・とはいってもですね、俺自身、NINJA GAIDENをはじめとした
team NINJAが手掛けたソフトを遊んだことがない。少なくともキオクの中にはない。
というかもっというとテクモのゲーム遊んだことあったっけ・・・? そんなレベル。
そんな俺から見た評価と思ってください。

・難易度
クリアしたのはノーマルです。
これまでのシリーズに比べて簡単になった、と言われていますが
世間一般の「ノーマル」よりは難しいかと思います。
アクションゲーム不慣れな人だとやっては死ぬやっては死ぬをかなり繰り返すことになると思います。

・ストーリー
前作以前がどうだったのかわからないので、「ストーリーに力を入れた」と言われても
よくなってるのかいまいち・・・少なくともアクションゲームのストーリーとして見ると
目を見張るほど素晴らしいってもんではないと思う。

・グラフィック
最先端には遠く及ばないです。DMC4のほうがきれいだと思う。

・戦闘
刀でばったばったと敵を切り殺していきます。DLC(無料)をダウンロードしないと武器は刀だけです。
刀が複数あるのではなく、一つです。
一応ストーリーを進めると、刀が変わるんですけど、技が増えただけで別の武器という感じではない。

絶技、介錯、断骨といった新しい要素により以前のシリーズとは違った感覚になってると思います。
これらは行える条件とか、行った結果とかいろいろ違うんですけど、割愛するとして
基本的にこれらを行うと、見た目の効果として「あまり複雑な操作をしなくても絵になる」感じ。
これらはかなりざっくりいうと「戦闘を有利に進めていれば発動しやすくなる」
そして最初の方は敵も弱いからがんがん発動するので、
シリーズ未経験者でも「なんかうまく戦ってる感じ」は出ると思う。
高難易度では本当に上手くないと絵にならないとは思いますが。

これらの発動条件とか具体的な内容がかなりあいまいです。説明書はおろか公式サイトなどでも
詳しい説明がありません。もう少し具体的に説明してほしかった。

・ニンジャトライアル

リュウハヤブサを目指すニンジャの里の若い衆となり、超忍を目指す・・・

とかなんとか設定があるみたいですが、早い話、成長要素つきのモード。
プレイするごとに経験値がもらえ、その経験値を稼ぎレベルがあがると
コスチュームや技がアンロックされます。
ニンジャトライアルそのものは戦闘中心のミッションモードです。
本編は演出の兼ね合いもあってテンポが悪かったりしますが、こちらはもうガンガン戦えます。
こちらは二人での協力プレイも可能です。

・クランバトル
こちらは対戦。レベルや技はニンジャトライアルと連動しています。
「技と技のぶつかりあう超ハードコアでシビアな対戦モード」なんかではなく
「忍者ごっこして遊ぼうぜ!」って感じのモード。気楽にやればそこそこ面白い。

・総評
シリーズファン、および海外サイトのレビューではおおむね酷評の本作ですが
ただでさえこういうハードアクションを作るメーカーが日本以外に少ないので、
そういったジャンルが好きな人は遊んでみても悪くないのでは、くらいは言える作品だと思います。
「ここが面白い!」って部分がいまいち弱いので、次回作作るなら
そこんとこもっと確固たるものにしておかないとまずいでしょうけど。

悲しいかな同じ発売日で同じジャンルの「DMC HDコレクション」に売り上げで負けてしまいました。
俺は1と3はPS2で遊んでるので、あえてこちらに飛びつくこともなかったわけですが
正直ちょっと悲しい。新作よりHDリマスターが売れました、はいろいろな意味で悲しい。
廉価版が出たら・・・とはいえ放っておいてもアマゾンでどんどん値段下がってます。うぅ・・・(´;ω;`)

ただまあ、
「ニンジャガイデンもDMCもやったことないならHDコレクションのほうがおすすめ」なのも確か。
焼き直しとはいえ名作であることに間違いはありませんからね。
「悪くはない」とは言いましたが、DMCシリーズやベヨネッタを遊んできた俺からすると
これらの面白さにはさすがに及びません。

バイオハザード6 新ムービー


RE6 trailer

イタリア語?と思われる字幕がついているので、先日ローマで開催された
カプコンのプライベート発表会、カプティベートにて発表されたもの・・・かな?

英語音声のイタリア字幕なので具体的になにを言ってるのかはよくわかりませんが

・新しいウィルスはC-ウイルス?
・謎の男性はウェスカー・Jr?
・金髪の若い女性はバイオ2のシェリー?
・黒髪の女性はエイダ・・・?

で、クリスがチーム引き連れて調査してたらエイダのせいで味方が死んで、それに復讐心燃やしてるクリスを
レオンが「彼女は目撃者で、俺たちは彼女が必要だ」とすんでのところで止めた・・・みたいな?

前回のトレーラーではプレイシーンもありましたが、今回はありませんね。

ウェスカー・Jrとのことですが、アルバートウェスカーの血を継いでいるなら
確かに貴重な存在と言えるかもしれません。
ウェスカーに本当に子供がいたのか、クローン的な何かなのか。
ちなみに5の時点でウェスカーの年齢が48歳だそうです。
ならまぁ20代後半くらいの息子がいても変ではない・・・かな?

金髪の若い女性は俺の中ではアシュリーかと思っていましたが、シェリーだったようです。
作品中で俺が思ってたよりも時間が経ってるようで、下手するとアシュリーは30歳手前・・・か?
シェリーにしても20代中盤と思われます。

そして黒髪の女性は直接言及されていませんが、エイダかな?
イメージカラーの赤がマフラーだけなのと、レオンのふけ方に対して
ぜ ん ぜ ん 変 わ っ て な い のが少し気になります。
だってたぶん40歳の大台に差し掛かって

そして最後に、発売日が前倒しされたようです。2012年11月20日→2012年10月2日
一か月以上の前倒しです。発表から8か月ほどで発売という超スピードですね。
ファミ通のインタビューで「発表の時点で発売日を明らかにするのは珍しいですね?」との質問に
「開発が順調なため、発表してしまっても大丈夫だろうと判断しました」とカプコンの人が言っていましたが
さらに前倒しするとは。まさに絶好調なのでしょうか。


【感想】 B'z 「GO FOR IT,BABY -キオクの山脈-」 

B'zの50枚目のシングル「GO FOR IT , BABY -キオクの山脈-」です。
初回盤を購入しました。

1.GO FOR IT.BABY -キオクの山脈-

「これ!こういうのを待ってたんだよ!」

初めてフルで聞いた時にこう思った。
去年出たアルバムの「C'mon」は今でもよく聞きますし、このアルバムが作られた背景や
初めて参加したライブのアルバムだったりと、俺の中でも特別な、大好きなアルバムではあるんですが
やっぱちょっと激しさとかは物足りないところはあったんですよね。
そんな中でこんなもんぶつけられたらたまらないよ。

ただでさえそこまでキャッチーな感じでもないうえに、松本さんのボーカルも入っています。
過去に松本さんの歌声が入ったことは何度かありましたが
シングルで、しかも歌詞カードに載るほどしっかりと歌ったのは初めてです。
50枚目とはいえ新しい挑戦をし続ける、まさに「GO FOR IT, BABY」な曲なのではないでしょうか。

2.仄かなる火
稲葉ソロの「赤い糸」みたいなアコースティックギターの落ち着いて聞ける曲ですね。
2nd beatというよりはアルバムに入ってそうな感じ。
とか言ってたら新しいアルバムに入ってるかもしれませんが。

3.流星マスク
「アクアブルー」とか「挑めよ儚いこの時に」みたいな軽快なメロディーで聞いてて心地よいですね。
どことなく2000年代前半~中ごろのB’zみたいな雰囲気を感じます。
歌詞はまあ、「自分に自信のない主人公」って意味ではB’zではおなじみといったところでしょうか。



特典DVD

・「GO FOR IT , BABY -キオクの山脈-」のPV



いっぱい分身してるという、なんかごちゃごちゃしてるけどかっこいいPV。
スーツ稲葉さんを好きなだけ堪能できるという個人的にはたまらないPV。
松本さんはもちろん、シェーンやバリーもめちゃくちゃかっこよくて、
前作のシングルの「Don’t Wanna Lie」とはまた違うバンドのかっこよさが出てる内容ですね。

・さよなら傷だらけの日々よ
昨年行われたペプシの限定ライブの模様ですね。
ある程度はC’monツアーでの演奏との共通点もあるでしょうから
最後の客席に背を向けマイクスタンドを持って首振ってるとことか「そういややってたな」という感じで
ちょっと思い出したりしつつ、またCDよりも激しい音源でこの曲がまた好きになりましたね。

・イチブトゼンブ
この曲が収録されてると知った時「なぜこれ・・・?」とぶっちゃけ思ったんですけど
収録されてる映像を見るとこれを収録したのも納得というベストテイクかもしれない。
今までイチブトゼンブの演奏が映像化されたものはすべて持ってますが、一番好きかもしれない。

・Liar!Liar!
これの映像化が一番うれしかった!とても好きな曲ですが、ライブ映像は持ってなかったんですよね。
終盤のまくしたてるサビから最後の「baby do you want the truth?~」の締めはむちゃくちゃかっこいいです。

シングルの特典DVDとは思えないほどで、非常に満足させられる内容でした。
プロフィール

secondwave99

Author:secondwave99
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。